遠方からの参加者などにも対処することができる二次会の景品

幹事の二次会の景品を決定するのは困難ですが、遠方から二次会参加の人が多いと条件が更に絞られてしまいます。

■受け取る人のことを考えた二次会の景品

プレゼント箱

・遠方だからこそ景品決定で重視する点

嬉しい感情は、当たった時と持ち帰り時の感情と異なることが多くあります。大型なものを公共交通機関を使用して持ち帰ることは、時に邪魔に感じてしまうこともあるのです。特に結婚式は他の都道府県からわざわざ出てくることも多いために、移動も大変なことが多くあります。そのために大型でないものや重量があまりないものなど考慮が必要となるのです。特に飛行機などでは持ち運びに制限が設けられていたり、配送する場合も必要にお金が掛かる場合もあるために考えることが重要となります。

・便利な景品の直送

当たった時には目録などをプレゼントして、その後手続をすると業者から直送をしてもらうことが可能な景品もあります。これにより持ち帰りには負担も少なく、自宅まで送ってくれるので、ある程度大型なものであっても対応することが出来るのです。また、食品などでも安心して受け取ることが出来るために、地方から出てきた人でもうれしく景品を貰うことが出来るようになります。これにより二次会参加後に観光などをする人であっても問題なく景品を受け取ることが出来ます。

■遠方に限らず色々な人に対応が出来る二次会の景品

・カタログギフトで簡単景品

好みを全員に合致することが難しいことも多いために、色々を条件を付けると選びようがなくなります。特に幹事の場合には招待者のことが不明な事も多いために、あげる人を想定しながら景品選びができないことも多いのです。そのためにカタログという形で景品を与え、そこから選んで頂く形が便利になっています。その際の順位付けも価格によって差を付けることが出来るので、予算に合わせた景品にも簡単にすることが出来ます。人数が決まるまで時間が掛かる二次会でも決まった人数と景品の差額などを計算をすればいいために、深く考えることも少なくなります。

二次会に遠くからの参加者がいても業者から直送やカタログギフトであれば、手軽に景品にすることができます。