結婚式の二次会参加者は新郎新婦へプレゼントを用意する必要がありますか?
結婚式の披露宴に参加せずに二次会から参加する場合によく迷ってしまうのがプレゼントを用意すべきかということではないでしょうか。二次会参加の場合には会費を支払って参加するので、正直プレゼントまで用意するのは費用的に厳しいと思う方も少なくありません。
疑問に思う女性

■二次会参加者は基本的にプレゼントを用意する必要は無い

 二次会へ参加する場合には会費を支払って出席することとなっています。実はこの会費の中に食事代や二次会で行われる景品代そしてお祝いなど全ての費用が含まれているので、基本的にプレゼントを用意する必要はありません。

 二次会は基本的に参加すること自体が新郎新婦をお祝いする意味を持っているので特別なプレゼントは必要ないのです。ただ中には日頃の感謝を伝えたい方や深い付き合いの方もいてプレゼントを用意したいという方もいると思いま
す。その際には色々と注意すべき点が存在しています。

■二次会でのプレゼントは事前もしくは事後に渡すのがマナー

 二次会でプレゼントを贈る場合には二次会当日に渡すのはマナー違反とされています。二次会当日は新郎新婦はホテルへ宿泊したり、二次会後の段取りもありますので荷物になるプレゼントは新郎新婦を困らせてしまうことになってしまうのです。

 二次会のプレゼントを渡したい場合には事前に贈っておくことがベストです。特に大きなプレゼントの場合には郵送などを利用することにより新郎新婦の負担を減らすことが可能となるのです。また事前にプレゼントを贈ることが難しい場合には、新婚旅行が終わった後にプレゼントを贈ることがベストタイミングとされています。

■プレゼントはできるだけ縁起の良いものを選ぶ

 二次会のプレゼントは基本的に高価なものでなくて構いません。ただ気を付けてほしいのは縁起が悪いものを贈らないということです。包丁など刃物類は縁切りを連想させ縁起が悪いとされておりコップやグラスなども壊れるという暗示があるので、縁起が悪いものには注意しましょう。

■まとめ

 二次会参加者は基本的にプレゼントを用意する必要はないことが分かりました。ただどうしてもプレゼントを渡したいという方はマナーを守って、新郎新婦の負担にならないよう注意しながら行うといいでしょう。